まずは信用できる病院で相談からなりたい自分に近づこう

サイトメニュー

表情筋を和らげる

カウンセリング

皮膚の薄いところにも注射可能

ボトックス注射の特徴としては、表情筋の働きや癖を和らげ、その癖によってできてしまったシワを改善することができるという特徴があります。ヒアルロン酸とボトックスはともにエイジングケアに効果が高いとされていますが、その特性に大きな違いがあるのです。前者が肌をふっくらとさせる効果があるのに対し、後者は表情筋の働きを緩和し、シワの原因を解消する事ができるのです。そのため、どちらかと言えば後者のほうが効果が高いとの認識が強いのです。また、ボトックスの場合には皮膚の薄い部分にも駐車をすることが可能です。例えば、おでこのシワや口の周りの細かいシワはヒアルロン酸では解消することができないのに対して、ボツリヌストキシンを用いることで表情筋の癖を無くす事ができるという効果を大いに期待することができるのです。ただ、ボトックス注射が表情筋を緩和してシワをピンと伸ばすことができるという特徴が副作用につながることもあります。ボトックス注射のやりすぎにより表情筋の弛緩が行われることで、筋肉の脱力という副作用が現れることがあります。小顔にするためには咬筋に注射をしますが、それによって本来の噛む力が弱まってしまうという副作用が報告されています。

ヒアルロン酸に比べると筋肉にアプローチをしてシワを伸ばす効果を期待することができるため、根本的なアンチエイジングを期待することができるとあって需要が高いのがボトックス注射です。ボトックス注射はおでこのシワ、眉間のシワ、それに目尻の深いシワに効果的です。眉間のシワというのはすでに表情筋に癖がついてしまっている状態であるため、ヒアルロン酸では解消することが難しいです。そこで、ボトックス注射をすることで、表情筋の癖を無くすのです。ボツリヌストキシンというのは、表情筋を脱力させる効果があるので、眉間のシワそのものを解消し、年齢を感じさせない若々しい顔にエイジングケアをすることができるのです。また、ボトックス注射はシワ取りのみならず、顔を小さくする効果をもたらしてくれます。発達したエラに注射すれば筋肉が緩まり、まるでダイエットをしたかのようにエラが解消されて、小顔になることができるのです。ただし、ボトックス注射はメリットばかりではありません。やりすぎてしまうと表情筋が緩んでしまい、表情が失われてしまう副作用もあります。シワが気になるからと言って施術をやりすぎてしまうと、副作用が出てしまうので間隔を開ける事が必要です。

Copyright© 2020 まずは信用できる病院で相談からなりたい自分に近づこう All Rights Reserved.